« ダイヤ改正前の北陸撮影遠征~1日目 | トップページ | ありがとう特急北越号 »

2015年3月12日 (木)

ダイヤ改正前の北陸撮影遠征~2日目

ダイヤ改正で大きく変わる北陸に再び撮影に行きました。

1泊2日の2日目

さて今日は北越3号にK1編成が入るのでどこで撮影しましょうか

ではどうぞ

まずは富山駅で電車を待っていると城端からの直通の1322D

Img_4477


きょうはハットリくんラッピングが2両も来てるし

まあ1322Dは直ぐの折り返しで高岡に戻ります。


そして移動します。

Imgp1257

427M普通黒部行き

475系6両編成の定期運用です。

Img_4486

黒部に到着です。

直江津方が北陸色金沢方が青坊主です。

Img_4500

急行型の特徴の車端部に扉があり扉の間に並んだ窓

この形も走っているのは北陸の475系のみです。

この475系もダイヤ改正で引退と発表されています。


黒部からは後続の糸魚川行きに乗り

昨日訪れた市振に来ました。

あまり同じ撮影地で撮影する事が少ないですが今回はK1なのできました。

Img_4550

1052M北越2号です。

485系のリニューアル車両です。通称R編成

Imgp1295

1004Mはくたか4号は北越急行の683系です。

Img_4579_2

赤い北越急行の車両は遠めの俯瞰撮影でも映えて撮りがいがありますね。


そしてちょこちょこ撮影者も増えて

Img_4629

1053M北越3号K1編成

JR東日本の485系で3編成しかいない国鉄色の485系です。


やはり北越急行の車両よりも国鉄色の方が写りいいな


Imgp1301

後追いもパシャり

こっち側は順光です。


そして直ぐに


Imgp1306

遅8002レ寝台特急トワイライトエクスプレス大阪行き

もう少しトワイライトが早かったら北越3号と被っていました。


あぶないあぶないσ(^_^;)


これにて撤退します。


Imgp1307

電車が来るまで時間があるのでご飯にします

たら汁

富山県の朝日町の名産だそうです。

市振は新潟県ですが|ω・`)プッ♪



Imgp1309


550M普通富山行きに乗り込みかえります。

市振ももう降りる事無いでしょうね。




そして東富山駅で見たことある2人組が居ますね。



富山駅で降りて北越5号に乗るようです。


後ろから蹴ってやろう



ガシッ



やはり驚きますね|ω・`)プッ♪



そこに居たのは快速さんとW君


この撮影遠征はW君には言っていませんでした。|ω・`)プッ♪


Img_4655

1093レ速星発富山貨物行きの貨物を撮影し

4034Mバードさん34号で福井までワープします。



そして高岡と金沢に止まったバードさんで福井で降りたのは


これの為



Img_4670

え、分からない?



Img_4681

福井鉄道200形の急行です

福井電鉄最後の在来車の高床車です。

Img_4693

さらにフクラムと並んだー


Img_4700

フクラムもかっこいい

でも200形も好き


しかし土佐電から購入したレトラムも撮影したいけど…

走る日も少ないですし調子がよくないとか…


そして

本来の目的の


Imgp1312


ソースカツ丼!!

美味い


そして福井からは普通電車を乗り継いで帰ります。


Imgp1313

敦賀でおなじみの223系の新快速でひとっ飛び

爆睡で滋賀県、京都府を通過したのを覚えていません。



多分最後のトワイライトエクスプレスの撮影もし多分475系の乗車もしました。


もしかしたら最後に撮影したり乗ったりするかもしれませんが




さてダイヤ改正もあと少し


富山が遠くなりますね




See You Next Time.



|

« ダイヤ改正前の北陸撮影遠征~1日目 | トップページ | ありがとう特急北越号 »

JR東日本」カテゴリの記事

JR西日本・JR貨物」カテゴリの記事

国鉄型」カテゴリの記事

寝台列車」カテゴリの記事

撮り鉄」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1824538/59243290

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤ改正前の北陸撮影遠征~2日目:

« ダイヤ改正前の北陸撮影遠征~1日目 | トップページ | ありがとう特急北越号 »